Leviの対戦日記

ポケモン対戦で思ったことを書きます

ヒードランの考察について!

皆さん初めまして!Leviです!!

私は主にダブルレートをやっているのでダブルレートでよく使われたりするポケモンを考察していきたいと思います!

今回は、ヒードランの考察をしていきたいと思います。↓この子です

f:id:myonLevi:20180113032609p:plain

ヒードランって?】

ヒードランは第4世代で出てきたポケモンで、タイプは炎・鋼と固有のタイプになっています。準伝説でありながら性別がある変わったポケモンです。

対戦環境ではフェアリータイプの台頭により鋼の需要が増えたこともあり、シングル・ダブル共によく見かけるようになりました。

ヒードランの特徴】

特性もらい火により炎タイプのミラーに強く、耐性も優秀なため有利な相手には滅法つよく、不利な相手には滅法弱いというわかりやすいポケモンです。

例を挙げるなら、メガリザードンYやクレセリアには強いが、カプ・レヒレランドロスには基本勝てません。

【性格】

8割程度が控えめです。しかし1割程度、臆病個体がレートに存在します。

【持ち物】

シュカの実→4倍弱点である地面技を1度耐えて、反撃することができます。不意のめざめるパワー地面で大ダメージをくらわないなど、持たせておけば使う場面は多いです。

食べ残し→持ち前の耐久を活かして、身代わりなどを出し盤面に居座るときに持たせます。これを持たせるときはHPを4n+1にする時が多いです。

クサZ上記カプ・レヒレなど倒せます。ピンポイント気味になってしまうので個人的にはもったいないとは思いますが、確かにあれば勝てた場面もありました。

ホノオZ→オーバーヒートを元に打ちます。ホノオZを採用することにより、オーバーヒートのCダウンを気にせず相手に大ダメージを負わせることができます。実際使われるとかなりきつく、メガリザードンYの多い環境では天候にタダ乗りできたりとおいしい場面もあります。

風船🎈→弱点である地面技を攻撃をくらうまで無効化することができます。しかしダブルでは攻撃が飛び交うのですぐに割られてしまいます。なので地面技を読んで交代するなどの使い方が上手い使い方だと思います。

こだわりスカーフ→奇襲ですね!ヒードランは中速なのでスカーフを持つことにより130族を抜けたりしたりと便利ではありますが、それをヒードランにやらせるかというと少々疑問ではあります。

 

【技構成】

【確定技】

 

熱風→相手全体を攻撃することができ、タイプ一致のため余程の理由がない限りは確定。

大地の力→主にヒードランミラーや炎タイプへの打点となります。これも外す理由は無いと思います。

守る→ダブルなのでどんなポケモンでも準確定技。こだわりアイテムを持たせるときは必要ないです。

 【選択技】

火炎放射→ダブルダメージの干渉を受けずに相手単体を攻撃できます。ワイドガードにも怯えずに炎技を打てるようになります。命中安定なのもgood

オーバーヒート→強力な攻撃を相手に与えられますが、C2段階下がるのでこだわりアイテムやホノオZなら相性がいいです。

ラスターカノン→タイプ一致でフェアリータイプへ抜群が取れる技。しかし、無振りのカプ・テテフにも乱数になります 乱数1発 (62.5%)

めざめるパワー氷ボーマンダランドロスへ抵抗することができます。

身代わり→有利対面で出し苦手な相手にも居座ることができるようになります。

ソーラービーム→クサZなら確定技です。

 

†型のサンプル†

性格:控えめ

実数値・努力値:197(244)-×-126-200(252)-126-99(12)

特性:もらい火

持ち物:シュカの実

技構成:熱風・火炎放射・大地の力・守る

ほぼHCに振り切りミラー意識でSに振りました。ヒードランはHに振るだけで地面技以外の攻撃は耐えるようになります。(Z技は知らない)

もしもSを調整したいならSに28振って相手をS-1した後に、準速100族抜きになります

 

 ダメージ計算

今回は省かせてもらいます。ヒードランの熱風は基本的に確定1発にならず大抵にポケモンには2~3発必要になります。

C200のヒードランの大地の力で無振りカプ・コケコが 乱数1発 (93.8%)なのであまり火力は無いです。

 

以上でヒードランの考察は終わりたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

ツイッター→@myonLevi

指摘はDMなどで受け付けています